お気軽にお問い合わせください

石山国分2丁目

周辺環境

 

「国分」という地名は、かつて国分寺が近くに立っていたことが由来とされています。
周辺には「花のお寺」として有名な石山寺や、建部大社に代表される歴史あふれる神社仏閣が点在し、様々なお祭り なども開催され、自然と歴史を身近に感じ取れる立地です。

歴史 幻住庵 「幻住庵」は松尾芭蕉が4か月の間隠棲した場所です。当時の幻住庵を再現した茅葺の建物がたっており、当時のままの雰囲気を味わうことができます。

 

松尾芭蕉が敷地内に「幻住庵」を営んだことで有名。境内には『幻住庵記』の中に出てくる「とくとくの清水」が現在も変わらずにを流れています。 幻住庵付近の石の階段を登ると聖徳大使の像が祀られている聖徳太子堂があります。お堂周辺は開けていて眺望が良く、琵琶湖や瀬田川を一望できます。

 

 

大津の春夏秋冬

 

大津の春夏秋冬

琵琶湖から流れ出る唯一の川、「瀬田川」の両岸に桜並木が続き、桜の名所である石山寺へと続きます。
石山寺は花のお寺といわれるほど四季を通して様々な花が咲く名所。瀬田川とあわせて、休日は家族皆でゆったりとお散歩なん て生活もいいかも。

石山寺の桜は3月中旬頃からカンザクラ、4月上旬にソメイヨシノ、 4月中旬にサトザクラと長い期間楽しむことができます。 瀬田川に点在する港から乗船し、お好きな港で降りて周辺散策を楽しむクルーズ。いつもと視点を変えて、琵琶湖から桜を楽しむのもいいかも。

 

大津の春夏秋冬

夏の風情を感じるのは、何といっても夏祭りや花火大会。分譲地近くでは昔ながらの祭事から、きらびやかな花火大会まで、様々なイベントが行われます。
露店を巡ったり、盆踊りの輪に加わったり、夏の夜を家族で思いっきり楽しんでみませんか。

一万発の花火が琵琶湖の夜空を美しく彩ります。大津の夏の風物詩としてすっかり定着、全国有数の花火大会として沢山の人が集まります。 街中を練り歩いた神輿が海に見立てた瀬田川を進みますクライマックスには約1200発の奉納花火が上がるなど、大津の人気夏イベントです。

 

大津の春夏秋冬

紫式部が参籠し、湖面に映える十五夜の月を眺め、「源氏物語」の構想を練ったと伝わる石山寺。近江八景の一つ「石山の秋月」で知られるていることから、中秋の名月と深いかかわりがあります。
紅葉のほかにも各地で様々なイベントやお祭りが開催されるので家族でお出かけするのにぴったりの季節です。

1000本のモミジが境内全体を彩る美しさは格別です。祭りの期間中は境内がグラスキャンドルや行燈でライトアップされ幽玄な世界が広がります。 市民ボランティアによる“無料”のイベント。雄大な琵琶湖を背景にジャズが流れる様子は、“世界一美しいジャズフェスティバル”という言葉がぴったり。

 

大津の春夏秋冬

冬の訪れとともに、神社仏閣も雪景色が楽しむことができます。
冬のイベントの代名詞ともなっているイルミネーションも分譲地周辺の各スポットで開催されます。また、石山寺では元旦2時より除夜の鐘を一般参拝者も撞くことができたりと冬ならではのイベントも開催。

2月には、参加者のメッセージが書かれた「ハートの灯り」を滋賀各地にともすイベントも。大津からは石山寺参詣道、びわ湖大津館の2会場が選ばれています。

滋賀県唯一のスケートリンク、アイスアリーナでは各種教室の開催や、1月から3月末までの日曜日には、フィギュアのエキシビションを観ることができます。

 

この分譲地を見た方はこちらの物件もチェックされています